So-net無料ブログ作成

駒ケ岳神社例祭 太々神楽 2018 [祭]

 5月3日(水・祝)に駒ケ岳神社例祭の太々神楽が行われました。演目の順番は、昼の休憩時間との兼ね合いで、毎年微妙に変化します。今年も昨年と異なる順番にて演目が披露されました。

 朝から雨が降り、午後には上がったものの雲がほとんどかかっているような天気でした。そのため、基本的に暗い中での実施となり、フラッシュの嵐となりました。昨年は、極端に強いフラッシュで白飛びしやすい条件でしたが、今年はたかれるフラッシュの多さで白飛びしがちの条件となりました。


 9時ごろから始まる神事。様々なお供え物が神様のもとへ。厳かな儀式となります。お時間があればこの神事からご覧になるのがベストです。お供え物を運ぶ様子も、スローシャッターによる流し撮りで撮影しました。丁寧にでも結構な速度で歩いて運ばれていきます。

IMG_6404.jpg

IMG_6408.jpg


 最初に行われた舞。この写真の服装による舞が複数行われますが、持っているものが異なるだけで似たような動作の繰り返しとなるため、最初の舞で動きをある程度頭に入れておくと、シャッターを切りたい動きのタイミングが読みやすくなります。

IMG_6435.jpg


 岩戸が開いたのち、神様が登場するという流れで、舞が行われます。最初の2・3演目は順番が変わることなく行われますが、そのあとは、昼休憩の時間との兼ね合いで演目の順序を入れ替えつつ演目が進んでいきます。

IMG_6501.jpg

 

 「御神入舞」は、ゆったりとした動きと、素早い動きとの緩急がある舞です。

IMG_6514.jpg

IMG_6587.jpg

 止まったかと思うと、唐突に走り出す場面では、流し撮りにて撮影することで動きある画に。流し撮りは、動きを表現できるだけでなく、スローシャッターで撮影する必要性があるため、暗い境内でもISO感度を極端に上げなくても撮影できるというメリットもあります。

 祭りの動きは意外と早いため、流し撮りで撮影し続けていると、慣れてきて徐々に失敗が少なくなってきています。


 フラッシュがたかれると、ぴたっと止まった動きのない画になるため、フラッシュの合間を見ながら撮影。動きのない部分は、被写体ブレがなく写るため、どのような動きの舞かなんとなくわかる画となります。

IMG_6622.jpg


IMG_6734.jpg

 今年は、「四神五返拝」が午前中に行われることなく午前の部が終了しました。午前の部は、11時30分に終わり、12時10分を過ぎたころに午後の部がスタートしました。



続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

小川若宮神社例祭 境内での奉納の舞 [祭]

 4月29日(日)、小川若宮神社例祭の最終日にあたる日に、若宮神社境内にて奉納の獅子舞や地歌舞伎が行われました。昨年は、島地区へと向かう途中にてカモシカと遭遇しましたが、なんと今年も昨年遭遇した場所に近いところでカモシカと遭遇しました。

IMG_5836.jpg

 今年は、木曽川沿いの藪の中にいる個体を発見。一瞬だけ全身が見え、そののちは藪の中へ。昨年のようなじっとこちらを見つめてくるような写真は撮れず、すぐに藪の奥深くへと歩いていき、視認しずらい場所へと移動していきました。

 車を使用せず、徒歩での移動のため、藪の中の違和感ある音にすぐに気が付き、何とかカモシカを一瞬だけでも見られましたが、車だったらまず気が付かなかったのではと思います。


 今年は、暑い中での祭り。そのため、昨年よりも神楽の進みが遅く、そのおかげで関電の寝覚発電所そばでの獅子舞を撮影できました。

IMG_5867.jpg


IMG_5876.jpg

 角度を考えて撮れば、木曽駒ケ岳をバックにした獅子舞が写せたのではと思います。要所要所での獅子舞も撮影しようと思うと、早めに島地区へと行く必要がありますが、発電所そばの獅子舞から神楽について歩くことを目指すのであれば、12時20分ごろまでに発電所あたりに行けば良いのかなと思います。

 家を早く出て、来年も発電所そばの舞も撮影できればと考えています。


 発電所の舞の後、少し進んで、境内へ一気に上がっていく前の休憩がとられます。この休憩の後はほとんど休むことなく若宮神社境内へと神楽が上がっていきます。

IMG_5939.jpg

 結構急な山道を上がっていきます。暑い中のため、ゆっくり目のペースで上がっていきました。昨年は、撮影しては駆け足で移動し、振り返って撮影、また駆け足で移動し撮影、というぐらいハイペースでしたが、今年は、早歩きで間に合うぐらいのペースでした。


IMG_5949.jpg

 最後の最後に訪れる、難所が境内の入り口の鳥居。高さ的に神楽を斜めにしないと通らないため、重い神楽を慎重に倒さないようにゆっくりと斜めにして潜り抜けさせていきます。この難所の様子は、一つの見どころとなります。境内での奉納が終わった後の、参道を下っていく際にも見られるため、その時もシャッターチャンスとなります。


 神楽が境内に到着してから、休憩ののち、14時から奉納の地歌舞伎や獅子舞が行われました。

 

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

小川若宮神社例祭 芸ざらい  [祭]

 4月27日(金)の夜、小川若宮神社例祭の芸ざらいが行われました。19時ごろから始まりますが、20時ごろに着くように出かけ、鑑賞しました。

 始めの1時間ほどは、地元の小学生~高校生までの子供たちによる獅子舞や笛、太鼓の披露の時間となります。子どもの親や兄弟などが見に来るため、その時間帯が芸ざらいで最もにぎわう時間となります。今年は、昨年ほどではないにしても低めの気温となり、多くの方が、子どもたちの活躍の様子を見た後、帰っていきます。

IMG_5322.jpg


 芸ざらいにおいても、葛の葉を目当てに来られる方が多いですが、3演目行われた後に葛の葉となりました。演目によっては、境内での奉納の際には行われない演目もあります。

IMG_5370.jpg

 

 今年の葛の葉は、21時を過ぎたころから行われました。葛の葉において、キツネの表現としてジャンプする場面が複数回ありますが、島地区の公民館でジャンプすると、境内での奉納と違い、天井があるため、天井があることによる迫力が生まれます。

IMG_5457.jpg

 約30分ほどの演目の中で、シャッターチャンスは随所にありますが、構図で見た印象が変化するため、撮影していて面白い演目でもあります。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

明日の夜は、芸ざらい 「小川若宮神社例祭」 [祭]

 明日、4月27日(金)の夜、小川若宮神社例祭の芸ざらいが、島地区の公民館で行われます。開始は19時ごろ、終了は21時30分ごろとなります。

 「葛の葉」の奉納は、21時ごろとなります。「葛の葉」目当てであれば、20時30分ごろに島地区の公民館に着くようにいくと、ピンポイントで見られる可能性が高いです。

IMG_0767.jpg


 「葛の葉」の見どころは、口にくわえた筆で、文字を書いていく場面と、高くジャンプする場面です。祭り最終日の神社境内でのジャンプのほうが画になりますが、公民館で披露されるジャンプもなかなかのものです。ジャンプのタイミングは、意外とシビアなため、タイミングを見極めて撮影する必要性があります。初めての方は、芸ざらいでジャンプのタイミングを予習したうえで、最終日の神社境内での撮影に挑むと、ジャンプの頂点の場面を撮りやすくなります。

IMG_0791j.jpg


IMG_0202.jpg


IMG_0808.jpg


IMG_0244.jpg

 フラッシュをたいた人がいると、獅子のシルエットが紙に浮かんだ画が撮れることがあるのは、芸ざらいの時ならでは。私自身は、フラッシュをたくと好みの画とならないことが多いため、解放F値の低い明るいレンズでフラッシュをたかずに撮影することがほとんどです。しかし、時折、偶然にも他者のフラッシュにより、フラッシュをたかないと撮れない画が出てくると、意識的に撮りたい画のためにフラッシュを活用できるように腕を磨かねばと感じます・・・。


IMG_0253.jpg


 4月末ごろは、まだまだ冷え込むため(4月26日現在、27日の気温予報は19時に13℃)、上着があると良いです。風が出ていると、体感温度がさらに下がるため、気温以上に寒く感じるような時もありますので、ご注意ください。


 4月29日(日)の境内での地歌舞伎や獅子舞等の奉納は、14時ごろからとなります。「葛の葉」は15時ごろに行われます。14時30分ごろに境内に到着できれば「葛の葉」を見られますが、神社の場所が初見だとわかりにくいため、13時ごろに島地区へ行き、笛と太鼓の音を頼りに神楽を目指し、ずっと神楽の後をついていくのが迷うことなく境内に行けるためおすすめです。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

熱い相撲とろうそくの明かり [祭]

 2月10日(土)に予定通り上松町氷雪の灯祭りが行われました。1週間ほど前からずっと15時ごろから雨の予報が出ておりましたが、前日の予報と当日の予報でほぼ雪の予報に。実施できそうということで、予定通り前日に引き続いて午前中から灯祭りの準備が進められました。

P2100040_01.jpg

 10日の午前中の準備は、主にスノーキャンドル作りと雪像づくり。スノーキャンドルは、バケツと植木鉢を用いて雪を固めて作ります。朝が非常に冷え切っていたため、作業開始時には雪がさらさらとしており、非常に固まりにくい状態でした・・・。昼が近づいてくると、気温が上がり程よく雪が解けて固まりやすくなりました。


P2100041_01.jpg

 目標最低ラインは、100個。10名ほどで昼には150個を超え、最終的に最低目標の倍の200個以上が完成しました。

 

 今年も、広場のステージの階段の傾斜を活用した滑り台が作られましたが、滑り口には寂しげな雪だるまが・・・。ちょっとしたアクセントに。

IMG_3574.jpg


 15時の雪上相撲の受付開始時間が近づくと、多くの子どもたちが集まり、雪の滑り台で遊んでいました。結構な速度が出て、大喜びでみんな何度も何度も滑って遊んでいました。そりを使って滑るとかなりの速度に・・・。

IMG_3587.jpg

 15時30分からいよいよ「がんばれ御嶽海! 第2回雪上相撲上松場所」が始まりました。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

氷雪の灯祭りまであと2週間足らず [祭]

 いよいよ、木曽郡内における氷雪の灯祭りが始まりました。上松町は、2月10日(土)に開催予定となります。雪が降らずに中止となる可能性が危ぶまれておりましたが、10日間予報で1日、5日、6日に木曽郡に雪の予報が出ており、開催できそうな雰囲気となりつつあります。まだ、雪が実際に降るかどうかわかりかねますが・・・。


 ちなみに、上松町以外の町村や地域の氷雪の灯祭りの日程は下の画像の通りとなります。

氷雪の灯祭り チラシ.jpg


 上松町の氷雪の灯祭りは、御嶽海関の出身地ということで、応援雪上相撲がメインのイベントとなります。一応、夜にスノーキャンドルやアイスキャンドルの点灯はしますが、点灯から1時間ほどで終了となります。

 雪上相撲の土俵の関係で、雪がないとできない祭りとなります・・・。なかなか雪が少ない地域のため、毎年雪の心配を士ながら開催日が近づいてくるような祭りに・・・。

 また、今年もちゃんこの振る舞いがあります。おいしいちゃんこのため、すぐになくなりますので、興味のある方は振る舞いの開始時間よりも早い時間にいらっしゃれば確実かと思います。

氷雪の灯祭り.jpg


氷雪の灯祭り 裏面.jpg






続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ひのきの里の秋まつり 御木曳 [祭]

 11月3日には、毎年恒例のイベントとなっている、「ひのきの里の秋まつり」が開催されました。今年は、斧入式の際に伐り出された御用材を皆で引っ張る、御木曳が行われました。出店の準備よりも早く、御木曳の準備が始まり、御木曳の準備がひと段落してきたころに出店の準備が始まりました。

IMG_2106.jpg

 

 秋まつりでは例年通りのイベントも行われました。商店街では射的や輪投げなど、景品がもらえるゲームの出店が今年も出ていたり、

IMG_2196.jpg

 特産品の販売や商店の総菜や弁当の販売、花や酒などの販売も行われました。昼前には昼食の弁当を目的とした方たちが並び、インキのある弁当は12時ごろには完売するほど・・・。今年は御木曳イベントが行われる関係で、伊勢の物産展を数量限定で販売するタイムセールも行われました。

 赤福の販売もありましたが、すぐに完売したとのこと・・・。

IMG_2269h.jpg


 御木曳は、12時ごろに始まり、14時50分ごろまでとなりました。最初に、上松中学校の郷土芸能部による獅子舞が披露されました。見ごろを迎え始めていた山と奉曳車をバックに舞いが行われました。時折強い風が吹く中の舞となりました・・・。獅子舞のち、開会式が行われ御木曳の始まりとなりました。

IMG_2352.jpg

 

 曳き始めは、最初に一礼し、それから皆で引っ張り始めました。

IMG_2437.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

諏訪神社例祭 2017 最終日 [祭]

 9月9日(土)は、諏訪神社例祭の最終日、本祭りでした。8日・9日の午後まで仕事で、今年の宵祭りや地区で舞う悪魔祓いの獅子舞は撮影できず・・・。本祭りの夜の部のみの撮影に。深夜26時頃までの祭りとなりましたが、雨に降られることなく無事に終わりました。


 夜は、神楽と神輿が、若宮八幡宮から諏訪神社へと練り歩きます。

IMG_9046.jpg

  

 神輿は、神楽の後をついていくようにゆっくりと進んでいきます。

IMG_9048.jpg


IMG_9171.jpg

 神楽は、行きつ戻りつしながら、時折激しく揺さぶる場面もあります。

 


 宵祭り・本祭りの夜の部の見どころの一つが、先導する天狗がなぎなたで縄を両断するところ。

IMG_9366.jpg

 切れ味が鋭いなぎなたですが、失敗することも・・・。これはこれで画になりますが、一発でスパッと切れる光景はなかなか。宵祭り・本祭り両日の夜に見られるため、撮影のチャンスは何度も訪れます。


IMG_9375.jpg

 スパッと切れる瞬間は、なかなかの見もの。タイミングを見つつ、連射で撮影。


 諏訪神社の境内へと暗い夜道を進んでいきますが、町中から小学校方面へ上がる坂では、提灯の明かりと少し遠めに見える町の明かりとが良い雰囲気を醸し出します。町明かりと提灯の雰囲気を撮影できる絶好のポイントとなりますのでお勧め。

IMG_9267.jpg

 

 諏訪神社の境内へと、直線の坂を上がり、小学校の校庭を提灯や町民が持つたいまつの明かりが登っていく様は見もの。なかなか良い雰囲気の写真を撮るのは難しいですが、シャッターチャンスとなります。

IMG_9405.jpg




続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

諏訪神社例祭芸ざらい 2017 [祭]

 9月7日(木)の夜に諏訪神社例祭の前夜祭として、芸ざらいが行われました。19時過ぎに神楽が若宮八幡宮に納められ、19時30頃から芸ざらいがスタートしました。時折、激しい雨が降る中、ビニールシートによる屋根により、濡れる心配をせずにじっくりと撮影。

 最初は、獅子舞と八百屋お七。ゆったりとした動きで舞われる場面もあれば、ちょっとスピーディーな動きも・・・。なかなか獅子舞は、スピード感のある写真を撮れるタイミングが少ないながらも、なんとか動きのある写真を撮れ、満足。


IMG_8159.jpg

IMG_8229.jpg


 獅子舞、八百屋お七ののち、「伊奈川鉄ケ嶽」が演じられました。上演開始は、20時ごろ。おおよそ芸ざらい開始の30分後ぐらいに始まりました。

IMG_8332.jpg


IMG_8339.jpg


 その次に演じられたのが、「白浪五人男」。前半の山場として有名なセリフや見せ場のある演目が行われました。

IMG_8419.jpg


IMG_8422.jpg

 他の祭りの芸ざらいでも演じられることが多い演目のため、演じ手による雰囲気の差がよくわかるため、そこも見どころの一つとなる演目です。シャッターチャンスの多い演目とはなりますが、動きが速めでスローシャッターで動きを表現した写真撮影には難しい場面が意外と多い演目となります・・・。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

明後日、7日から諏訪神社例祭 [祭]

 明後日、7日から諏訪神社例祭が始まります。本祭りは、8日・9日で、7日は前夜祭として夜に芸ざらいが行われます。おおよそのスケジュールは下記の通りとなります。


7日:芸ざらい

19時ごろから。実際に芸ざらいが行われ始めるのは、おおよそ19時30分ごろからとなります。場所は、玉林院そばの八幡宮にて。終了は23時ごろ。

付近に駐車場はないため、駅前の「ひのきの里総合文化センター」裏手の町営駐車場をご利用ください。

※9月5日17時現在、7日は雨の予報となっておりますが、雨天時にはビニールシートを用いて屋根とするため、濡れることなく地歌舞伎を鑑賞できます。


8日:宵祭り 神楽のお練りと、悪魔祓いの獅子舞(地区の各戸を巡って)

朝8:30ごろから、諏訪神社にて神事を執り行ったのち、八幡宮に向けて神楽が出発。

神事が終わったのち、10時ごろに境内にて獅子舞が行われます。境内を下り、神楽と人々が上松小学校の校庭を通り、下っていくところは、シャッターチャンス。

11:00ごろには、玉林院の境内で、獅子舞が行われます。

夜には、19時30分ごろに諏訪神社を出発し、八幡宮へと神楽が練り歩きます。

町中の何か所かで、なぎなたをふるって縄を切る光景が見どころ。

23時ごろの八幡宮の周囲をたいまつを持って、3週回る様子やその後の獅子舞も見どころ。



9日:本祭り 神楽のお練りと、悪魔祓いの獅子舞(地区の各戸を巡って)

9日は、八幡宮から諏訪神社へと練り歩くようになります。

夜がメインとなり、21時ごろに駅前を神楽が練り歩くため、そのころに駅前に行くと、ついて歩いて諏訪神社へ向かうことができます。


昨年の諏訪神社例祭の様子は・・・、芸ざらい 宵祭り 本祭り(最終日) をご確認ください。

ご興味がある方は、ぜひ訪れてみては・・・。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域