So-net無料ブログ作成

氷雪の灯祭りまであと2週間足らず [祭]

 いよいよ、木曽郡内における氷雪の灯祭りが始まりました。上松町は、2月10日(土)に開催予定となります。雪が降らずに中止となる可能性が危ぶまれておりましたが、10日間予報で1日、5日、6日に木曽郡に雪の予報が出ており、開催できそうな雰囲気となりつつあります。まだ、雪が実際に降るかどうかわかりかねますが・・・。


 ちなみに、上松町以外の町村や地域の氷雪の灯祭りの日程は下の画像の通りとなります。

氷雪の灯祭り チラシ.jpg


 上松町の氷雪の灯祭りは、御嶽海関の出身地ということで、応援雪上相撲がメインのイベントとなります。一応、夜にスノーキャンドルやアイスキャンドルの点灯はしますが、点灯から1時間ほどで終了となります。

 雪上相撲の土俵の関係で、雪がないとできない祭りとなります・・・。なかなか雪が少ない地域のため、毎年雪の心配を士ながら開催日が近づいてくるような祭りに・・・。

 また、今年もちゃんこの振る舞いがあります。おいしいちゃんこのため、すぐになくなりますので、興味のある方は振る舞いの開始時間よりも早い時間にいらっしゃれば確実かと思います。

氷雪の灯祭り.jpg


氷雪の灯祭り 裏面.jpg






続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

雪の寝覚の床 [寝覚の床]

 1月14日(日)、雪が少し積もりました。寝覚の床へ散歩へ行くと、雪景色。昼には気温が上がり、道路の雪がだいぶ解けてしまったため、午前中のみの景色でした。

IMG_3388.jpg

 寝覚の床にある、森林鉄道も雪の中。


IMG_3393k.jpg

 美術公園の池は、氷が張り雪がうっすらと積もった景色となっていました。コイが泳いでいる池ですが、姿は特に見えず・・・。

P1140006.jpg

 日陰の雪をOLYMPUS Tough TG-5+LG-1で顕微鏡モードの被写界深度合成で撮影してみると、若干の雪の結晶の片鱗が中央部付近などに・・・。降ってすぐの雪だと、気温が低い日であれば余裕で撮影できそうな雰囲気。あまり雪が多くない地域ですが、次に降った時には雪の結晶の撮影に挑戦したいと思います。


IMG_3398.jpg

 寝覚の床の床岩の上にもうっすらと雪が・・・。あまり多く積もっていなかったため、きれいに真っ白な床岩の光景は見られず。今年も結局、雪が少ない冬となりそうな予感・・・。雪が少ないものの、気温が低めの厳しい寒さの冬となりそうな感じがしております。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

Feliĉa nova jaro. 1月・2月のイベント・・・ [生物]

 今年もよろしくお願いします。2018年となってから1週間以上経っての新年最初の投稿となってしまいました・・・。今日は、朝から迷惑な近隣住民が元気に騒いでいました。

 冬になると見かける機会の多くなる近隣住民は、サル。朝から喧嘩をしたり、道路を堂々と横切ったり騒いでおりました。2018年は戌年ですが、サルからスタート・・・。

IMG_3381.jpg

IMG_3382.jpg


IMG_3383.jpg

 跳躍力を見せつける一場面も・・・。今年一年も様々な野生生物との出会いがあればと思います。




<2018年 1月~2月のイベント>

・氷雪の灯祭り 

 上松町は、2月10日(土)予定。今年も雪上相撲を開催する予定です。月末に雪が降って積もればよいのですが・・・。 

氷雪の灯祭り チラシ.jpg



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

雪はないが氷はある [寝覚の床]

 12月24日(日)に久しぶりに野鳥観察をしに寝覚の床へ。観察場所へ入るや否や、小鳥たちが飛び回っていました。ジュクジュクというシジュウカラの地鳴きもあちらこちらから聞こえていました。

 撮影しやすい位置にちょっとの間、出てきてくれましたが、望遠端300mmのレンズで撮影するには遠い位置・・・。今日はいい写真が撮れるかもと期待し、すぐにレンズを交換。望遠端500mmのレンズへと付け替え、野鳥撮影。

IMG_3350.jpg


 レンズを付け替えてすぐに、シジュウカラの撮影に成功したものの、撮影後すぐにシジュウカラたちの群れは森の奥へと飛び去ってしまいました・・・。

IMG_3353.jpg

 結局、この日撮影できた野鳥は、これが最後でした・・・。大好きなシジュウカラの満足いく写真が撮れぬまま終わり、がっかりな日でした。次は可愛くしっかりと撮れるようチャンスを逃さないようにせねばと思いました。


IMG_3357.jpg

 寝覚の床では、野鳥以外にも冬芽の観察もでき、自然の様々なものが目を楽しませてくれます。次回はマクロレンズも携え、冬芽をかわいらしく撮影することにもチャレンジしてみようかなと思っております。


 23日は夜に雨が降ったぐらいあたたかめな日であったため、寝覚の床も雪のほぼない冬景色っぽくない風景となっておりました。今冬は、雪が多くなりそうな雰囲気漂う出だしでしたが、結局のところ27日現在、昨年よりも雪が少なく、雪の降らない厳冬となりそうな感じが出てきています。気温自体は、昨年より寒い日が多いのですが、雪が積もるレベルではほとんど降らず・・・。

IMG_3358.jpg


 ただ、寒く、雪が少ないおかげで寝覚の床周辺のいたるところで氷が織りなす独特な景観が見られるようになっていました。

 





続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

冬の始まりの寝覚の床、小さな出会い [寝覚の床]

 11月25日(土)に「ねざめ亭」にて、ひのきの里上松フォトコンテストの表彰式が行われました。午後に行われましたが、取材ついでに午前中は寝覚の床へ野鳥観察に・・・。


 寝覚の床は、広葉樹がすっかり落葉し、冬の様相となっておりました。寝覚の床美術公園の池には、カエデの落ち葉がたまり、独特な雰囲気を醸し出していました。たまに池の中の落ち葉の側をコイが通るさまも、絵になっていました。

IMG_3125.jpg


 夜は非常に冷え込み、雪がちらついたため、山々にはうっすらと微妙に雪が積もり、標高が高い山は頂上付近が真っ白になっていました。秋が終わり、葉が落ちて少し寂し気な様相の山もまたそれはそれでなかなか良いです。葉が落ちたことで、野鳥の観察がしやすい季節となり、様々な小鳥たちが見やすくなるのもまた良いです。

IMG_3127.jpg


IMG_3129.jpg


IMG_3132.jpg

 寝覚の床は、カラ類やキツツキの観察スポットとなるので、これからしょっちゅう通って、野鳥の写真をできる限りたくさん撮りたいと思います・・・。雪が積もらない限り、寝覚の床へは景色でなく、野鳥を撮影するために出かける場所となります。




続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域