So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

本日の晩は、「大宮神社例祭」 芸ざらい [祭]

 今日、7月13日(金)の夜、大宮神社例祭の前夜祭にあたる、芸ざらいが行われます。

 芸ざらいのスタート時刻は、18時30分からです。詳細は、下のチラシをご確認ください。


大宮神社例祭 チラシ 写真挿入版.jpg


 18時30分に始まりますが、最初は、檜流太鼓の演奏となります。演奏後にはセレモニーが行われ、獅子狂言や地歌舞伎の奉納は、19時30分ごろから開始されます。地歌舞伎を目当ての方は、19時過ぎでも全然間に合いますが、檜流太鼓の演奏から見ることをお勧めします。

 

 今年の演題は、チラシに記載されており、八百屋お七、伊奈川鉄ヶ嶽(家の場)、忠臣蔵七段目(一カ茶屋の場)、白波五人男(稲瀬川勢揃いの場)、佐倉宗五郎(子別れの段)、だんまり、を行う予定となっています。


 昨年同様、芸ざらいでも、ねざめ公民館付近に出店も出ます。今年も上松町の和菓子屋、和心が出店を出します。ほっぺのパンも出店するため、おいしい和菓子やパンなどを味わいながら、芸ざらいを楽しめます。

 餅まきまで含めると、終了時間は23時ごろまでとなります。


 撮影した写真を見返すと、昨年の題目も今年と同様の流れでした。


IMG_5054.jpg

 伊奈川鉄ヶ嶽。


IMG_5166.jpg

IMG_5178.jpg

忠臣蔵七段目(一カ茶屋の場)。



IMG_5336.jpg

IMG_5384.jpg

白波五人男(稲瀬川勢揃いの場)。


IMG_5572.jpg

IMG_5625.jpg

佐倉宗五郎(子別れの段)。


IMG_5751.jpg

IMG_5778.jpg

IMG_5823.jpg

だんまり。最後に行われる、だんまりは、見どころの多い演題となります。


だんまりが終わってから、餅まきとなります。おいしい餅がまかれますので、餅好きは大量ゲットを狙ってみては?




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

7月のイベント情報

 上松町は、7月からお祭りシーズンの突入となります。7月に開催されるイベントは、次の通りとなります。


・7月13~15日 大宮神社例祭

 13日 18:30~ 芸ざらい 獅子狂言や地歌舞伎は19:30ごろ~


・鹿島香取神社例祭

 小野の滝前の獅子舞は、7月14日の12時ごろとなります。1年に一度だけの、滝と獅子の競演。ちょうど木曽方面にお出かけの際には、ぜひ。19号線沿いですので。


・7月28日(土)~8月19日(日) トムソーヤクラブ村木曽上松

 魚のつかみ取りや、木工教室など親子で楽しめるイベントが、赤沢自然休養林の園地内で行われます。


・7月28日(土) ひのきの里の夏まつり

 見どころは、なんといっても木馬引きと花火大会。屈強な男たちによる木馬引きは迫力と気迫がすごい。また、パフォーマンス部門や、子どもたちによる木馬引きも見逃せません。

 花火大会は、駅近くで上がるため、すごく大きく迫力ある花火を上松駅付近で見られます。周囲が山に囲まれているため、海や湖などで行われる花火大会では味わうことのできない、独特な反響音を楽しめる、見て聞いて楽しむ大迫力の花火です。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

オオヤマレンゲ、キソガワサツキ、終盤に 昆虫は良い時期に! [赤沢自然休養林]

 オオヤマレンゲが開花してから1週間以上がたちました。6月30日(土)に赤沢へ上がる機会があり見てきましたが、花の時期のピークは過ぎ、つぼみの数も減ってきており、徐々にオオヤマレンゲの時期も終わりつつありました。早ければ今週末ごろには花が終わりそうです。

IMG_9471.jpg


花の中央の緑色のところが、花が終わってしばらくすると成熟し、種ができてきます。花が終わった後の枯れた姿もまた独特ですので、ちょうどよくきれいに咲いている花と同じ画角に納められれば、オオヤマレンゲの花の段階と状態を見比べられる写真を撮ることもできます。なかなか両方を収められる位置にないため、同じ画角に入れることが難しいですが・・・。

IMG_9508.jpg

 

 また、一番良い時期を逃してしまいましたが、ササユリも赤沢の園地内に咲いていました。球根が食べられてしまいアクセス道路や園地内のササユリは減ってしまい、園地内できれいに咲き誇るササユリが見られるのは1か所程度となります。

IMG_9499.jpg


 多くのカメラマンに人気のキソガワサツキ。岩の隙間に生えている、サツキです。数年前に台風による増水で株がダメージを受けてから花数が少ない状態が続いています。今年もまだ花数が少なめでしたが、花の赤い色は非常にきれいに出ていました。キソガワサツキもピークを過ぎ花期が終盤に差し掛かっています。昨年よりは大分花数が多いため、これから台風などによる増水によるダメージを受けたり、来年の冬に霜の影響を受けたりしなければ来年のキソガワサツキは非常に良い当たり年となりそうな感じです。

IMG_9537.jpg


 多くの方が見に来られる花の時期は終わってきますが、赤沢の園地内の昆虫はベストな時期を迎えてきます。赤沢は、ヒノキを主とした森のため、森の中を散策しているときには、ほとんど昆虫を見かけませんが、駐車場付近では数億の昆虫を見ることができます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

赤沢のオオヤマレンゲが開花。 [赤沢自然休養林]

 忙しい5月が過ぎ、ようやく時間のある6月になりました。土日は、赤沢へ上がる機会が多いため、最近は撮影に散歩に出かける機会がほとんどない状態です。せっかく赤沢へ上がっているので、赤沢でも虫の写真を撮りたいところですが、ヒノキ林は虫が少ないため、森の中に入るとほとんど見かけることがないです。せせらぎの里や、セラピー体験館の周囲では虫たちも結構いるため、そのあたりでの観察がメインとなります。

 

 これからの梅雨時の赤沢自然休養林で人気なのが、オオヤマレンゲ。早い花が開花しました。開花してから1週間ほどで花が最も多い見ごろとなります。5月3日ごろに赤沢では霜が降りた関係で、葉の状態がいまいちなものもあるため、6月20日過ぎごろの見ごろの後半部のほうが今年は見栄えが良いのではないかと予想されます。

IMG_9365.jpg


IMG_9368.jpg

 セラピー体験館横のオオヤマレンゲ、これから見ごろを迎えてきます。

 

 セラピー体験館のオオヤマレンゲ付近では、リンゴコフキゾウムシと思われる虫が。このゾウムシは、赤沢の森の中でも見られる数少ない虫です。

IMG_9372.jpg


 ほかにもカメムシの幼虫や、

IMG_9383.jpg


 ホシベッコウカギバの姿もありました。

IMG_9384.jpg



IMG_9364.jpg

 さて、そばとチャーシュー丼のみだった、せせらぎの里のメニューが増えました。うどんやカレー丼ものが増えました。かきあげ丼は、野菜のかき揚げで結構なボリュームでしたので、結構お得な500円の商品となります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

駒ケ岳神社例祭 太々神楽 2018 [祭]

 5月3日(水・祝)に駒ケ岳神社例祭の太々神楽が行われました。演目の順番は、昼の休憩時間との兼ね合いで、毎年微妙に変化します。今年も昨年と異なる順番にて演目が披露されました。

 朝から雨が降り、午後には上がったものの雲がほとんどかかっているような天気でした。そのため、基本的に暗い中での実施となり、フラッシュの嵐となりました。昨年は、極端に強いフラッシュで白飛びしやすい条件でしたが、今年はたかれるフラッシュの多さで白飛びしがちの条件となりました。


 9時ごろから始まる神事。様々なお供え物が神様のもとへ。厳かな儀式となります。お時間があればこの神事からご覧になるのがベストです。お供え物を運ぶ様子も、スローシャッターによる流し撮りで撮影しました。丁寧にでも結構な速度で歩いて運ばれていきます。

IMG_6404.jpg

IMG_6408.jpg


 最初に行われた舞。この写真の服装による舞が複数行われますが、持っているものが異なるだけで似たような動作の繰り返しとなるため、最初の舞で動きをある程度頭に入れておくと、シャッターを切りたい動きのタイミングが読みやすくなります。

IMG_6435.jpg


 岩戸が開いたのち、神様が登場するという流れで、舞が行われます。最初の2・3演目は順番が変わることなく行われますが、そのあとは、昼休憩の時間との兼ね合いで演目の順序を入れ替えつつ演目が進んでいきます。

IMG_6501.jpg

 

 「御神入舞」は、ゆったりとした動きと、素早い動きとの緩急がある舞です。

IMG_6514.jpg

IMG_6587.jpg

 止まったかと思うと、唐突に走り出す場面では、流し撮りにて撮影することで動きある画に。流し撮りは、動きを表現できるだけでなく、スローシャッターで撮影する必要性があるため、暗い境内でもISO感度を極端に上げなくても撮影できるというメリットもあります。

 祭りの動きは意外と早いため、流し撮りで撮影し続けていると、慣れてきて徐々に失敗が少なくなってきています。


 フラッシュがたかれると、ぴたっと止まった動きのない画になるため、フラッシュの合間を見ながら撮影。動きのない部分は、被写体ブレがなく写るため、どのような動きの舞かなんとなくわかる画となります。

IMG_6622.jpg


IMG_6734.jpg

 今年は、「四神五返拝」が午前中に行われることなく午前の部が終了しました。午前の部は、11時30分に終わり、12時10分を過ぎたころに午後の部がスタートしました。



続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の5件 | -